全身脱毛のよくある不満と冷却ジェルを使わないキレイモの施術

ムダ毛の処理を自分で行っているという人も多いかもしれません。
しかし、自己処理はどうしても皮膚や毛穴に負担をかけてしまいます。
そしてさらに、自己処理を繰り返すと肌トラブルを起こしやすいですし、肌に負担をかけ続ける事によって、黒ずみができてしまったり、毛穴が目立つようになってしまったりというおそれもあるのです。
ですから、出来る事なら自己処理はやめて、脱毛サロンなどで脱毛する事が好ましいでしょう。
脱毛サロンで最近、人気になっているのが全身脱毛です。
部分的に脱毛しても、他の部分のムダ毛処理をする必要はありますので、肌の事を考えれば全身脱毛が最も望ましいでしょう。
現在、エステサロンでの脱毛で主流となっている方法は光脱毛というもので、メラニン色素に反応する波長の光を利用して脱毛していく方法です。
ムダ毛はメラニン色素を多く含んでいますので、光と反応しやすく、その反応によってムダ毛に熱を発生させて、その熱で毛根の細胞にダメージを与えて脱毛するのです。
それに対して、肌に含まれるメラニン色素は毛と比べれば少ないため、この光の照射で肌はあまりダメージを受けることはありません。
ですが、ムダ毛で発生した熱が周辺の肌に伝わるわけですし、肌に含まれるメラニン色素もゼロではありませんので、いくらかは反応してしまいます。
そのため、光脱毛の施術では、照射前に肌に冷たいジェルを塗ってから光を照射していくことが多いのです。
(または、施術後に冷却ジェルを塗る場合もありますが、どちらにしろ、前か後にジェルを使用する事になります。)
肌に冷却ジェルを塗っておくことにより、肌へのダメージを軽減するのです。
しかし、キレイモでは光を照射する時に、その部分の肌だけを瞬間的に冷却する機能がついたマシンを使用しており、他の脱毛サロンのようにジェルを使う必要はありません。
脱毛の施術を経験したことが無い、または、脱毛の経験があっても全身脱毛を経験したことが無い方は、この冷却ジェルを使う必要が無い、というメリットがそんなに重要ではないように感じかもしれません。
ですが、この冷却ジェルの冷たさというのは、全身脱毛の施術に対する不満として、とても多い不満なのです。

どうしてかというと、部分脱毛だと冷却ジェルは冷たいのが嫌というぐらいの話ですみますが、全身の脱毛になると、ジェルの冷たさで寒くて辛いという人が結構多いのです。
そういった事情から、冷却ジェルの冷たさというのは、全身脱毛によくある不満であり、この不満が解消できるキレイモの施術のメリットは大きなものなのです。
(それと、冷却ジェルを塗る作業や拭き取る作業が必要ないためので、その分だけ施術時間の短縮にも繋がるというメリットもあるでしょう。)
キレイモなら寒さに耐える必要がなく、快適に全身脱毛の施術を受けることができるので、他のサロンで全身脱毛を受けていて、キレイモに乗り換えた人などに特に好評なのです。
また、キレイモでは施術後にキレイモ独自のダイエット効果がある成分を配合したローションを塗ってくれるのも好評なポイントです。
ですからキレイモの全身脱毛なら、脱毛効果と同時にスリムアップ効果も期待する事ができるのです。

 

『キレイモ新潟Cute』 TopPageに戻る